お知らせ | 電気工事なら吹田市の「株式会社デンソー」へ。求人募集中

お知らせ

動力制御盤のしくみと制御の種類

工場などの工作用電動機器には、作業する人が手元で運転の切り替えをするとき
配電用遮断器といわれる開閉器が組み込まれた動力盤を設置します。

いっぽう、事務所やビルなどの空調設備や給排水設備などの機器は
スケジュール運転や自動運転などのプログラムを組んで管理、監視する制御盤を設置します。



このような動力制御盤には、次のような各種のプログラムが組み込まれており
それに沿って作動する仕組みとなります。

①自動運転:タイマーやレベルスイッチなどによって、人間の操作なしで機器を運転します。
②連動運転:給気用ファンと排気用ファンなどを1組として一緒に運転します。
③交互運転:給水ポンプなど2台のポンプを交互に運転します。
④遠方運転:離れたところから操作して機器を運転することができます。
⑤保護装置:電動機の過負荷運転時などに、電気を遮断するはたらきを持っています。
⑥警報装置:運転状態や故障時の表示、または警報ブザーなどを表示させて異常を知らせます。




「株式会社デンソー」は、昭和45年から続く大阪府吹田市の電気工事の会社で
主に倉庫や工場などの大型施設で電気工事を行っております。
電気工事は、どのような工事でもお任せ下さい!

お問い合わせはこちらから

2020.09.18

PAGETOP